【Mac】Uptexにパッケージを追加する

Uptex

texスクリプトドラッグ&ドロップすれば、pdf化してくれる便利なapp。

Uptexのダウンロード

JIS X0212 for pTeX

から。

パッケージの追加

主題です。
Uptex.app内に、標準でいくつかパッケージが入っているのですが、そこに入っていないパッケージを使うスクリプトをUptexに突っ込むと

! LaTeX Error: File `comment.sty' not found.

と怒られます。


対処の方法としては、まず https://www.ctan.org のサイトから、無いよ! と言われているパッケージをインストールします。 (以下、commentパッケージを例とします)

'comment'でsearchをかけて見つかった項目のsourceページにいき、comment.styをダウンロードします。 (他にも色々ありますが、少なくともこれだけで十分)


UptexのREADMEを見ると、自前のパッケージはユーザーのLibraryの中のtexmfに置けと書いてあるので、

早速
$ mkdir -p \Users\(ユーザー名)\Library\texmf\tex\latexディレクトリを作成し、
latexディレクトリの中に、パッケージ名のディレクトリとその中に(パッケージ名).styを置きましょう。
例) \Users\(ユーザー名)\Library\texmf\tex\latex\comment\comment.sty



Uptexは毎回Libraryのtexmfの中のパッケージを読み込むので、comment.styが無事読み込まれるようになり、めでたくエラーは起きなくなりました。 他のtexアプリについても、大体このディレクトリからパッケージを読み込むので、Uptex以外のものを使っている方でも参考になるのではないでしょうか。

texmf
└── tex         <- ここにパッケージを置いても良い
    ├── platex  <- 日本語に関わるパッケージ
    ├── latex  <- 一般のパッケージ
    └── misc    <- その他のパッケージ

このようなフォルダ構成が一般的らしいですね。


(まとめ)
texは環境構築が面倒臭い。